• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

40代男性に相応しいテーラードジャケット選びのポイントと季節別コーデ例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

40代男性はテーラードジャケットをどのように選び着こなせば良いのでしょうか?

ビジネスシーンにおける“カジュアル化”が進む中で、ビジネス、カジュアルを問わずテーラードジャケットに関する問い合わせや要望が多くなってきました。

ジャケットは形が決まっているので一見着こなしも簡単そうに思えるかもしれませんが、選び方によってはとても野暮ったく見えてしまいます。

そこで今回は、テーラードジャケットをどのように選び、コーディネートすれば良いのか?解決方法を男性専門パーソナルスタイリストがご紹介します。

テーラードジャケットを40代男性が正しく選び着こなすためには?

40代男性がテーラードジャケット(=ジャケット)を正しく選び、着こなすためのポイントは3つあります。

① 細身に見えるジャストサイズで
② 無地でもOK!ベーシックな色や柄でまとめる
③ 素材は天然繊維がおすすめ

以上の3点です。
これをしっかりと反映させれば、40代も若々しくジャケットを羽織ることが出来ます。

ジャケットというアイテムは、おじさんぽい印象になりやすいと感じる人も多いと思いますが、その原因はサイズが合っていないことや、色柄や素材感により野暮ったく見えてしまい、結果おじさんっぽい印象になってしまうということです。

それではもう少し詳しく説明していきましょう。

テーラードジャケットを40代男性が選ぶ際のポイント

細身に見えるジャストサイズで若々しく

40代男性がテーラードジャケットを上品に着こなすためにはまずサイズ感が重要となります。
細身に見えるような、ジャストサイズであることで若々しい印象で着ることが出来ます。

どちらが若々しく、スッキリとした印象に見えるかは一目瞭然かと思います。(左ですね!)

ジャケットのサイズ感は、「ウェスト(ボタン位置)のゆとり」「肩幅」「着丈」「袖丈」がポイントとなります。

〇「ウェスト(ボタン位置)のゆとり」

ジャケット 胸周り用 サイズ ゆとり

ジャケットのフロントボタンを留めて、そこに手のこぶしがちょうど一つ収まる程度が目安です。

〇「肩幅」

ジャケット 肩の位置用 サイズ ゆとり

肩は、このように指が1本入る程度のゆとりがあると、窮屈にならず見た目も良いです。

〇「着丈」

ジャケット 着丈 長さOK サイズ↑OK

ジャケット 着丈 長い NG↑NG

着丈は長くなりがちですが、お尻が全て覆われないくらいの長さにすると、見た目にも程良くなります。

〇「袖丈」

ジャケット 袖丈 袖OK サイズ

袖は、ジャケットを羽織り、手首を外側に開くように曲げて、ジャケットの袖先が手の甲に乗っかからない程度の長さとなります。

中にワイシャツを着ている際には、シャツの袖先が1~2cm顔を出すくらいが良いバランス感となります。

このような目安をもとに、ジャストサイズで着れるようにしましょう。

無地でもOK!色や柄の選び方

ジャケットはベーシックな色や柄を選ぶと、スマートな印象にしやすくなります。
特に40代はシンプルにした方が若々しい印象になりますので、無地でもOKです!

濃い色ですと、ネイビー(紺)や黒、チャコールあたりが定番でしょう。

ネイビー(紺)

チャコール

濃い色はシャープな印象になります。また明るい色はソフトで柔らかい印象となりますので、上手く使い分け出来るとオシャレ感がグっと上がります。

明るい色だとライトグレー、ベージュ、サックスブルー(水色)があります。

ライトグレー

ベージュ
ジャケット ベージュ

サックス(水色)
麻、水色、サックス、無地、サイズ感はリピート、肩パットなし、腰はパッチポケット(外付け)

また、柄を使う場合は「ウィンドウペーン(格子柄)」「ストライプ」がオススメです。

ウィンドウペーン
ジャケット ウィンドウペーン

ストライプ
ジャケット ストライプ

柄物はコーディネートの難易度が上がるため、自信がない方は無理して取り入れようとしなくても大丈夫です。

素材は天然繊維がおすすめ!差別化できる生地の選び方

次に、素材が重要となります。素材は天然繊維にすることで、上品な印象になります。

ジャケットに使われる天然繊維の代表例としては「ウール」、ややカジュアルな印象にするなら「コットン(綿)」となります。

ウ-ル
ウールは羊毛です。スーツにも使われる素材なので、カッチリとした印象となり、ジャケットの定番素材となります。

コットン(綿)
ジャケット コットン 綿
また、コットン(綿)はチノパンやシャツなどにも使われるような素材なので、ウールに比べるとカッチリ感が軽減されて、カジュアルな印象になります。

男性、とくに40代は機能性や快適さを求めるので、ポリエステルやナイロンのような合成繊維を好みますが、天然繊維よりもかなりチープな印象となり、40代が上品に着るジャケットとしては愛称が良くないのでオススメは出来ません。

テーラードジャケットを使った40代男性向け季節別おすすめコーディネート

男性専門パーソナルスタイリストがおすすめする、テーラードジャケットを使った40代男性向けの季節別おすすめコーディネートをご紹介します。

春のコーディネート

定番的なネイビージャケットコーディネートです。

ジャケットのインナーに薄手のセーターやTシャツ、カットソーなどを使うコーディネートです。インナーに襟が無いのでジャケットを羽織っていてもカッチリし過ぎません。

ジャケットに明るい色目を持ってきて春らしい爽やかな印象を作ります。インナーに薄手のセーターもアクセントになっています。

夏のコーディネート

Tシャツの上に、シアサッカーという綿の薄手の生地で作られたジャケットを羽織っています。

ホワイトジーンズを合わせて清涼感を出します。

インナーは半袖ポロシャツです。ポロシャツの上にもジャケットを羽織るという方法もあります。

秋のコーディネート

ジャケットに薄手のウールのセーターを組み合わせて季節感を意識しています。

秋は薄手のストールを合わせて、ちょっとおしゃれ感を出しています。

全体的に濃い色でまとめたコーディネートです。

冬のコーディネート

ジャケットコーディネートにマフラーを合わせた冬のスタイルです。

外出時はコートが必須ですね。

テーラードジャケットに合わせるために40代男性が持ちたいアイテム

40代男性がテーラードジャケットに合わせるために持っていると便利なアイテムを男性専門パーソナルスタイリストがご紹介します。

パンツはチノパンかウールスラックスがおすすめ

パンツは細身のチノパンかウールスラックスがおすすめです。
チノパンは綿素材なのでカジュアル感が出て、またウールスラックスはビジネスっぽいカッチリとした印象になります。

スラックス

チノパンは明るい色であればベージュやライトグレーが合わせやすく定番と言えます。

チノパン ベージュ

濃い色であればチャコールやカーキ、黒がおすすめです。

チノパン チャコール

チノパン 黒

ジャケットとパンツの色の濃い明るいを分けるとバランスが良いコーディネートになります。

さらに、生地の中にポリウレタンなどのストレッチが入っていれば(1~5%)細身でも動きやすく履き心地が良くなります。

また、ビジネスイメージが強くなりますが、スラックスはウール素材で、「長ズボン」を意味する米語ですが、スラックには「ゆるい、たるんだ」という意味があり、全体的にゆったりとしたシルエットのズボンの複数形として「スラックス」となります。

使われている素材はウールやポリエルテルが中心で、おすすめはウールです。
カッチリとした印象にするならおすすめのパンツです。

カジュアルで合わせるならジーンズもOK

ジーンズ UP

ジーパン(=ジーンズ)がOKな環境の方であれば、チノパンよりももう少し「カジュアル感」を演出出来る「ジーンズ」もいいでしょう。

ジーパンをカッコ良く着こなすためには、あまりダメージが入ったものや激しく色落ちしたものではなく、濃いインディゴ(藍色)ですとジーパンというカジュアルアイテムでも落ち着いた大人っぽい雰囲気になり、尚且つ上半身との合わせもしやすいです。

サイズ感はチノパン同様に細身に見えるシルエットで選びましょう。
スキニーフィットは逆に若干いやらしさが出ることもあるので、スリムフィットやテーパードという裾に向かって細くなるシルエットで選びましょう。

爽やか色のシャツはジャケパンに欠かせない

襟付きの爽やか色のシャツはジャケパンのインナーとして必須と言えます。

シロ 白 シャツ 綿100%

シャツの色は、無地であれば白、青(水色)、淡いピンクなどが合わせやすく爽やかな印象となります。

ネイビーストライプシャツ×白チノパン

ピンクシャツ

ちなみに、柄を入れると少しカジュアル感が出て柔らかい印象になります。
ウィンドウペーンやストライプ、ギンガムチェックなどがおすすめです。

ストライプ
シャツ ロンドンストライプ、ネイビー、襟型ワンピースワイドチェック
シャツ、ギンガムチェックウィンドウペーン
シャツ チェック ウィンドウペーン

シューズはレザーが断然おすすめ

足元はシャツから距離が遠いように思えますが、全体のバランス感は大事なので気を遣いたいです。
ビジネスカジュアルではカッチリ見える革靴や、少し崩すのであればレザーのスニーカーがおすすめです。

革靴革靴 ストレートチップ

レザースニーカー
レザースニーカーUP

上品な印象を引き立たせるレザーベルト

ベルトは写真のようなレザーのバックルタイプが良いです。

レザーベルト
ベルト
ベルトは幅が3.5cm(35mm)が目安となります。太いとカジュアル用となり、細いとビジネス用となります。
最も合わせやすくバランスが良いのは3.5cm幅となります。色は黒かコゲチャですが、靴に合わせてください。特にスーツの際には靴とベルトの革の色を合わせるというのはセオリーです。ジャケパンでも色を合わせると統一感が出ます。

また、もっとカジュアルな印象を出すなら、メッシュ状になっているレザーメッシュベルトなどもいいでしょう。

レザーメッシュベルト
12689 メッシュベルト ブラウン

編み込みになっていることで、カジュアル感が出ます。

秋冬や春先には薄手のセーターを合わせよう

秋冬や春先には薄手のセーターを合わせられます。

素材はウールや綿の薄手にするとスッキリとした印象になります。

セーターの襟元は、クルーネック(丸首)やVネックがおすすめです。どちらでも良いですが、丸首はソフトな印象に、Vネックはシャープな襟元の印象になります。

色は濃い色であればチャコールグレーや黒や紺、明るい色ではライトグレーやベージュが合わせやすく、やりすぎなくオシャレな印象になります。また、さらにおしゃれ感を出すのであれば、パーウルやラベンダーといった差し色のセーターを選択肢に入れても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は40代のテーラードジャケットについて、どのようなものにしたら良いのか?合わせ方までをご紹介しました。

色柄や素材感に着目し、ジャストに見えるサイズ感にすることで見た目も良くなります。また合わせるアイテムのポイントやコーディネート方法もご紹介しました。

TPOに応じてジャケットを着こなせるとオシャレな印象になりますね。
是非とも参考にしてください。

テーラードジャケットを買いに行き、選ぶ際には迷うことも多いと思います。
そんな時には、メンズファッションのプロである男性専門パーソナルスタイリストに選び方や着こなし方のポイントを聞いてみるのも一つの手でしょう。

メンズファッションについての無料相談も行っております。お気軽にお問合せください。
パーソナルスタイリスト メンズ専門ならライフブランディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル