• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

ジーンズはスマートカジュアルで使って良い?選び方4つのコツと着こなし例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「スマートカジュアルでジーンズを使ってもよいのでしょうか?」
という質問がよくあります。
例えば婚活で、ちょっとおしゃれなレストランに行くときなど、ドレスコードにスマートカジュアルと書かれていた場合に悩むということですね。

今回は、スマートカジュアルにおいてジーンズを使っても良いのか?ということや、アイテムの選び方やコーディネートの方法について私たちパーソナルスタイリストが解説します。

結論から言いますと、スマートカジュアルでジーンズは使うことは可能です。

しかし、選ぶ際にNGなジーンズなどもありますので、どういったものが良いのかもご紹介しましょう。

ジーンズをスマートカジュアルで使う際の4つのポイント

スマートカジュアルはカジュアルとは言うものの、服装規定ではあるので、何でも良いというわけではありません。行くお店や、一緒に過ごす相手に対して失礼がなく清潔感を感じてもらうようにすることが重要です。
そのため、特に、アイテム自体がカジュアルなジーンズにおいても、きれいめで上品な印象に見えることを意識してください。

パーソナルスタイリストとして、スマートカジュアルでジーンズを使う際に押さえて頂きたい4つのポイントをお伝えします。

間違いない色は黒・白・ネイビー

スマートカジュアル用のジーンズの色は、濃いネイビー(インディゴ)、黒、夏用で白がおすすめです。
この3色ならきれいめな印象に見えます。

ネイビー(インディゴ)

ブラック(黒)

ホワイト(白)ホワイトジーンズ 麻シャツこれらの色であれば上品な印象になります。

ジャストサイズを選んでスマートな印象に

ジーンズのサイズ感は細身に見えるようなジャストサイズがおすすめです。
細身にすることで、すっきりスマートな印象にすることが出来ます。

ゆとりが大きいサイズにしてしまうと、野暮ったく見えてだらしない印象になりますので、スマートカジュアルには合いません。

ジーンズもストレッチ入りで細身でも動きやすく

細身にするうえで、素材にストレッチが入ったジーンズがあるので、そういったものを選ぶと見た目が細身でも動きやすさは保たれます。

洗濯表記の中に、混用率が記載されていますので、そこに「ポリウレタン」という合成繊維が1~5%程度含まれているものであれば、生地が伸びるので、動きが取りやすくなります。

激しい色落ちやダメージは避けよう

ジーンズは激しく色落ちしたものや、穴あきなどのようなダメージが入ったものは避けましょう。

カジュアルになり過ぎる上に、やはりだらしなく見えてしまいますので、お店や周囲のお客さんに対しても不快感を与えることになります。

スマートカジュアルでジーンズを使ったコーディネート例

ジャケットを組み合わせておけば間違いはありません。

白シャツと合わせて爽やかに

夏であればこのようなポロシャツと合わせるのもいいですね。
襟が付いているので、しっかりとした感じがあります。

明るい色のジャケットとの組み合わせ。こちらも春夏のイメージです。

スマートカジュアルでジーンズと合わせる他のおすすめアイテムとは?

スマートカジュアルでジーンズと合わせる便利なアイテムをご紹介します。

ジャケットはスマートカジュアル必須のアイテム

スマートカジュアルにおいて、ジャケットは必須と思っていただいて良いでしょう。

テーラードジャケットはかっちりとした印象になりますし、ジーンズのカジュアル感を軽減させてくれます。
言い方を変えれば、ジャケットさえ持っていればスマートカジュアルは問題ありません。
暑い夏も持って行って、店内に入る際に羽織っておくと安心です。

インナーはシャツがマスト、ジャストサイズでスマートに

インナーに使うのは襟付きのシャツであれば間違いありません。

ジーンズにも合わせやすく、シーズンを選ばずにカチッとした感じが演出出来ます。

色は白や水色の無地がおすすめです。

足元は革靴でしっかり引き締める

足元は革靴を使って引き締めましょう。

革靴 レザーシューズ コゲチャレザー(革)シューズであればカジュアルな印象を軽減できます。

あるいはレザー素材のスニーカーにするともう少しカジュアルな印象になります。スニーカーでもレザー素材であれば、スポーティーになり過ぎず、スマートカジュアルでも安心です。

腰に巻くベルトは革素材で上品な印象に

ベルトも意外に大事です。

ベルト レザー コゲチャ ブラウンジャケットを羽織って、シャツをパンツにインして穿いた際に、ベルトが見えますが、そこも気を遣っていきましょう。

写真のような上品なレザーベルトを用意しておきましょう。

まとめ

今回はスマートカジュアルにおいて、ジーンズをどのようなものにしたら良いのか?また、各アイテムの合わせ方までを、パーソナルスタイリストの視点からご紹介しました。

一般的には非常にカジュアルな印象の強いジーンズですので、きれいめで選ぶということと、ジャケットとも合わせられるようなタイプにするとスマートカジュアルでも違和感なくコーディネート出来ます。

婚活やパーティーの場や、ちょっと良いレストランやホテルに行く際など是非とも参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル