• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

デキるビジネスマンに見て貰える「スラックス」の選び方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近ではビジネスシーンでもカジュアル化が進んでいますので、スーツ以外の服装を取り入れる企業も多くになってきました。
そこで、今日のブログでご紹介するメンズファッションは、ふだんのビジネスシーンで穿くことも多くなったスラックスについてご紹介したいともいます。

周りから好印象に見て貰うためのスラックスの選ぶポイントをお伝えすると同時に、コーディネート画像を使ったスラックスの着こなし方までご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あらためてビジネスシーンにおけるスラックスの選び方についてご紹介します。

ビジネスシーンではあくまで “仕事のための服装” という観点でコーディネートすることが基本です。
わかりやすく例えると、社内外で人と会うのにふさわしい服装かどうか、という基準で考えるのがポイントになります。

そこで、周りの人から好印象に見て貰えるスラックス選びのポイントは以下になります。

・ウエストに指1本入る程度
・太ももにしわが入らない太さ
・裾は少したわむ長さ
・無地柄のベーシックカラー

以上の4つのポイントにしぼることで、今まで選び方に自信がなかった方も安心して選ぶことが出来て、周りからオシャレな印象に見て貰うことが出来ますよ。

ウエストに指1本入る程度ウエストは指1本入るくらいのゆとりがあれば大丈夫です。
ご飯を食べたときのことを想定して多少のゆとりをとっておくと良いでしょう。

裾は少したわむくらいの着丈スラックスの着丈は裾が少したわむくらいの長さがベストです。
靴下はネイビーや濃いグレー、黒といった暗めの色の無地柄を選ぶのが無難です。

無地柄のベーシックカラー暗い色のスラックスはコーディネートしやすく他のアイテムとも馴染みやすいので手始めに揃える場合にはおすすめです。
明るい色は周りに柔らかい印象を与えカジュアルな印象になりますが、合わせ方しだいでカジュアル過ぎる印象になるため、これから揃えていく方には、中央写真のグレーあたりの無彩色から取り入れるのが無難です。

以上のポイントを踏まえて、この記事を読んで頂いた読者の皆さんも、ぜひご自身の体形にそったスラックスを選べるようになってください。

周りからスッキリ見てもらえるスラックスを選ぶためには、試着は必須です。
面倒かもしれませんが、実際に試着してみて頂き購入するようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル