• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

2021年6月の気温と男性服装の着こなしポイントご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6月に入り夏を連想させる暑い日と、梅雨入りを予感させる湿度が高く雨模様の日が出てきました。
この時期は涼しい日と暑い日が交錯するするので服装選びに悩まれる方も多いです。

今回のブログでは、6月の気温をグラフでご紹介しながら、この時期に着るべき服装の種類とポイントについてお伝えします

昨年6月の東京の気温を見てみると、最低気温が10℃を下回らないことから防寒用のコートは着なくなりますが、薄手の羽織物は準備しておく必要があります。
最高気温は25℃を上回る日も多くなることから、上半身には「半袖アイテム」を中心に、「インナーの上に着る羽織物」にも意識を向けるようにしましょう。

2020年6月の気温
(参照:goo天気)

最高気温が30℃付近まで上がる日は上半身に半袖アイテムを軸にコーディネートしますが、曇りや雨模様が続くと最高気温と最低気温の差がなくなり1日を通して25℃から20℃まで下がる日もでてくるので上半身に長袖アイテムか気軽に羽織れるアウターを準備しておくと安心です。

季節に合った服装を選ぶうえで、各月の特徴や気温を把握して服装を選ぶことが、快適に過ごしながらも他人からイメージを上げる着こなしに繋がるので、次の章では6月の服装のポイントを紹介していきます。

6月の男性服装のポイント

【平均温度23.2℃、最高気温27.5℃、最低気温19.8℃】

(参照:気象庁

6月の気温の特徴は以下の通りです。

最低気温は20℃近くを推移する

最高気温は25℃を超える夏日を連想させる日がでてくる

5月に比べて、最低気温は5℃強ほど上がることから、一日を通して暑さを感じる日が多くなる月と言えます。
ただし、日中と朝晩とで気温差は10℃近くあることから、1日外出する日は薄手の羽織物は準備してお出掛けするようにしましょう。

6月の服装選びの特徴

日中は基本的に半袖コーディネートでOK

脱ぎ着のしやすい薄手の羽織物を選ぶ

【6月の男性服装】

6月に着る男性服装のポイントは、半袖コーディネートを軸にコーディネートです。
一日を通して外出する際は、朝晩に涼しさを感じることもあるので、薄手の羽織り物を持ち合わせておくと良いでしょう。

それではさっそく、コーディネート画像を見て頂きましょう。

半袖トップスを使ったコーディネート
6月の暑い日に大人っぽいイメージにしたい場合は、襟の付いたポロシャツを使ったコーディネートがおすすめです。明るい色は快活な印象になりますが、派手な色は子供っぽくなるので淡いピンクやブルーなどを選ぶと良いでしょう。

半袖トップスを使ったコーディネート
アクティブな印象にしたい時には襟の無いTシャツを選びましょう。
スマートかつ大人っぽい印象にしたい時には、Tシャツのサイズは細身のシルエットを選びましょう。

長袖トップスを使ったコーディネート
朝晩は気温が20℃を下回る日も出てくることから一日を通して外出する場合には、長袖トップスを着て外出しましょう。「長袖カットソー」は1枚で着ることも出来ますし、ジャケットやカーディガンと合わせることも出来る便利なアイテムです。

長袖トップスを使ったコーディネート
6月のアクティブシーンでは楽に脱ぎ着ができるカーディガンがおすすめです。
暑い時にはサッとバックに入れることができて、シワにもなりにくいことから取り扱いがラクなのが特徴です。

長袖トップスを使ったコーディネート
カッチリ見えるジャケットもインナーに半袖カットソーを合わせることでフォーマル感が抜けつつも、気遣いを感じさせる大人っぽいコーディネートになります。

まとめ

6月は春から夏に向けての端境期になるので、洋服選びに困る男性も多いです。
上に着るアイテムを気温と着るシチュエーションによって使い分けることがポイントになります。

その際の洋服は、25度を超える日は「半袖トップス」を選び、20℃を下回る日の外出には「長袖トップス」を選ぶことで周りに違和感を与えることなく、安心してコーディネートすることが出来ます。

この機会にご自身のワードローブを見直してみて、足りないアイテムを買い足すなどして6月をしっかりと乗り切りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル