• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

2022年2月の気温と服装のポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2月も寒い日が続いていますね。
相変わらず世の中は大変な状況が続いておりますので、体調管理にしっかりと気を配りながら暖かい服装をして過ごすようにしましょう。

今回のブログでは昨年2月の気温をグラフで紹介しながら、この時期に着るべき先的な服装のポイントを、コーディネート画像を交えてお伝えしていきます。

実際に2021年2月の東京の気温を見ても、日中を除くほとんどの時間帯は、平均して5℃から10℃前後を推移しており、最低気温は0度近くまで下がるため、とても寒いことがわかります。

2020年2月 東京の気温
(参照:goo天気

上記グラフから読み取れるのは、月は「最低気温が10℃を下回る真冬の季節」であることがわかります。

季節に合った服装を選ぶうえで、各月の特徴や気温を把握して服装を選ぶことが、快適に過ごしながらも他人からイメージを上げる着こなしに繋がるので、次の章では2月の服装のポイントを紹介していきます。

2月の男性服装のポイント

平均気温7.1℃、最高気温11.1℃、最低気温3.7℃
【平均気温6.1℃、最高気温10.9℃、最低気温2.1℃】

(参照:気象庁)

2月の気温の特徴は以下の通りです。

・最低気温は0℃付近まで下がる

・最高気温は10℃付近を推移する

このように、晴れた日の日中の気温は15℃近くまで上がる日もありますが、朝晩の気温は0℃付近まで下がるため、コートやマフラーに手袋などを利用して防寒対策をしっかり行う必要があります。
2月下旬以降は春先に向けて気温が緩やかに上がってくることから、防寒対策だけに意識を向けていると着膨れしてしまい見た目が野暮ったくなってしまうので、細身のサイズでスッキリしたコーディネートを心掛けましょう。

2月の服装選びのポイント

・防寒対策をしっかりと意識する

・細身のサイズでスッキリしたコーディネートを意識する

【2月の男性服装】

2月に着る男性服装のポイントは、防寒を意識しながらも、スッキリした見た目のコーディネートです。
さっそく、コーディネート画像を見て頂きましょう。

フードブルゾン × 紡毛セーター
寒さのこたえる真冬の2月は、中綿入りの防寒コートが必須です。
全体的にぼってりとした印象にならないように、合わせるボトム(ジーンズ)も細身を選んで、全体がI型シルエットになるようにするとスッキリ見えます。

ブルゾンコート×マフラー×手袋
2月の寒さはマフラーと手袋で防寒対策をバッチリ行いましょう。
顔回りにアクセントになるマフラーを巻くことでオシャレ感がアップします。

チェスターコート×マフラー

(参照:WEAR
着丈の長いチェスターコートは、カッチリと大人っぽい雰囲気になります。
首まわりにマフラーを巻くことで目線も上がるため、よりスマートなコーディネートを演出することが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は2月の気温の特徴と、2月に着る男性服装のポイントをお伝えしました。
2月は「最低気温が10℃を下回るくらい寒い」ことが特徴なので、第一に防寒対策が必須となります。

コートやマフラーに手袋などを使って防寒対策を図りつつも、機能性だけを意識しすぎると、コーディネートが野暮ったい印象になってしまうため、細身のシルエットでスッキリとしたコーディネートを心掛けるようにしましょう。

まだまだ寒さを感じる2月は、羽織り物のサイズ感に意識を向けて、周りの男性よりも気を遣った大人の着こなしをしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

どんなことでも、お気軽にご相談下さい【男性スタッフ対応】

●予算はどれくらい?
●どんな洋服を提案してくれるの?
●なりたいイメージがなくても平気?
●ファッションに詳しくなくても大丈夫?

無料ご相談フォームはこちら

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル