• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

2020年5月の気温と服装のポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あっという間に5月になりましたね。4月の後半には夏日の地域も出てきたり、大分暖かくなってきました。

5月はちょうど、春~初夏と呼ばれる時期になってくる衣替えの時期です。
今回は5月の服装のポイントを紹介していきます。

2019年5月 東京の気温

(参照:goo天気

5月の特徴は「気温の変動が落ち着いて、徐々に気温が上がる」です。
夏日である25℃を超える日が増え、30℃の真夏を超える日も後半から出てきます。

最低気温を見ると15℃前後の日も多いので、まだ羽織ものが手放しにくいですね。

5月の服装のポイント

平均気温13.9℃、最高気温19.0℃、最低気温9.4℃(参照:気象庁)
5月の服装のポイントは、「薄手の羽織ものを使うことと明るめの色を取り入れる」ことです。
日中は羽織りものがなくても大丈夫なくらい暖かい日が増えて来ますが、朝夕との寒暖差が激しいのでさらっと羽織れるものは必須です。

また、春らしい明るいイメージを出すために「白・水色」などの明るい色を取り入れるとオシャレ度がぐっとあがります。

5月おすすめの服装

さっそく、5月のおすすめの服装をみていきましょう!

カーディガン×ブルーTシャツ×チノパン

明るい白のカーディガンを使って春らしい雰囲気を出したコーディネート。
暖かくなったと言っても、Tシャツ一枚だと風に少し吹かれただけで寒く感じてしまいますので薄手の羽織りものがあると安心です。

ジャケット×Tシャツ×ジーンズ

かっちりさせた雰囲気を出したいのであればジャケットは必須!
ジーンズやカジュアルなTシャツやジーンズに一枚羽織るだけで印象がガラッと変わります。
暖かくなるとラフな格好になりやすいので持っておくと便利です。

白七分袖シャツ×ベージュチノパン

5月に出てくる暑い日には七分袖がおすすめ!
手首を少し見せるだけで涼しい印象とオシャレな印象を与えてくれます。
ベーシックな色合わせになるときは少し変わったデザインを取り入れるといいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は5月の服装について紹介をしていきました。5月のポイントとして「薄手の羽織ものを使うことと、明るめの色を取り入れる」ことでした。

夏日を超える日も増えてきて暑い日がいいです。しかし、朝夕の冷え込みはまだまだあるので出かける時間を意識して羽織ものの有無を決めてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル