• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

素材の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
季節ごとに気温の変動がある日本。
気温に応じて気持ち良く洋服を着るためには、素材にも気を遣ってほしいです。特に女性は季節ごとに素材感を変えてきますので、男性側もぜひ知っておいてほしい知識です。


 綿(コットン)

綿花を原料にした、植物繊維。衣料によく使われる素材です。
 ○ 吸水性にすぐれ、ぬれても丈夫
 ○ 通気性がよい
 × シワになりやすい
 × 日光で黄ばみやすい

 

ウール

羊毛を原料にした動物繊維。
 ○ 保湿性、吸湿性、保温性がよい
 ○ シワになりにくい
 × ぬれた状態で摩擦が加わると、縮みやすい
 × 日光で黄ばみやすい
 × 虫に食われやすい

 

植物の茎や葉を原料にした繊維。エコな素材として近年注目を集めています。
 ○ 通気性がよく、涼感がある
 ○ 吸水性が高い
 × シワになりやすい
 × 摩擦により毛羽立ちやすい

 

ナイロン

化学繊維の中でも古くから利用されている繊維。摩擦や折り曲げに強いため、衣料品以外にも幅広く利用されています。
 ○ 軽くて弾力性に富む
 ○ 吸水性がある
 ○ シワになりにくい
 ○ 乾きが早い
 × 静電気が起きやすい
 × 日光で黄ばみやすい

 

ポリエステル

軽くて丈夫なため、合成繊維の中でもっとも幅広く活用されている繊維。
よくフリースに使われる素材です。
 ○ 軽くて丈夫
 ○ シワになりにくい
 ○ 日光に強い
 ○ 合成繊維の中では、熱に強い
 × 油性の汚れがつきやすく、とれにくい
 × 吸水性が低い

 

ポリウレタン

ゴムのように弾力性のある化学繊維。ストレッチ素材の原料として、幅広い衣料品に使用されています。
 ○ 伸縮性、弾力性がある
 ○ 軽くて丈夫
 ○ シワになりにくい
 × 熱に弱い
 × 黄ばみやすい
 × 日光や塩素に弱い

 

お求めになったアイテムの素材を見てみると相手からどのような印象を持たれるのか、どのような特徴があるのか把握することができます。
ぜひチェックしてみてくださいね!
 
無料相談も行っております。お気軽にお問い合わせください。
パーソナルスタイリスト メンズ専門ならライフブランディング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル