• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

悩み別!体型に合うメンズファッション【低身長体型編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
日本人男性の平均身長は約172㎝。年々平均身長は高くなっています。
私は身長が164㎝なので、平均からすると下回っていて、昔から背が低いことにコンプレックスを持っていました。既製品の洋服だとどれも大きくなってしまう、外見に自信が持てないなど、低身長で洋服は似合わないと諦めてしまっている方もいるかもしれません。

今回は低身長男性の方でも印象が高めることができるファッションについてご紹介します。

低身長体型の特徴

身長が低い方は、幼い印象になりやすく、比較的に若く見られることが多いのが特徴です。そのため大人っぽさが出しづらく、年齢が上がって洋服のテイストをどう変えればいいのかわからくて悩んでいる方も多いです。ただし威圧感がないため、安心感や優しい印象を出すことができます。

 

洋服を選ぶ際のコツ-サイズ

一般的に、長袖の既製品だと袖や着丈が長くなりやすいです。

選ぶ際には、袖と着丈の長さは特に注意が必要です。
袖は、気をつけの姿勢をした時に手首が隠れるくらいの長さ、着丈はおしりの半分くらいの長さを基準にしてみましょう。
その上で、身幅が余っていないか確認をしてください。

 

洋服を選ぶ際のコツ-色柄

色の合わせ方で気をつけるポイントは、上下を同系色でまとめることです。
水色、ブルー、ネイビーなどのように同系色で上下のコーディネートを揃え、足元に行くほど濃い色になるようにまとめるとグラデーション効果ですらっと背が高く見せることができます。
また上半身に目線を誘導するために、上着に柄物や色物のアイテムを持ってくるのも良いでしょう。
 
 

低身長体型に合うファッションとは

低身長

カジュアルのコーディネートでおススメなのが、色柄の選び方でもご紹介した「上半身に目線を誘導する」ことを利用して、小物や雑貨を活用することです。ハット(帽子)をかぶったり、メガネ、ストールを用いることで、上半身の上の方にポイントを持ってくることができます。小物を使うことに抵抗がある場合は、トップスの色をなるべく明るめな色を選び、目線を上に持ってくるようにしましょう。
ジャケットを使ったスタイルの場合、ネイビーや黒のジャケットに、中のシャツやカットソーはブルーや白にし、黒やカーキのパンツを合わせて上半身と下半身を同系色にまとめてみましょう。

 

低身長で幼く見えてしまう方は、サイズに気をつけて、同系色でまとめることを意識して洋服を選んでいただくだけでも大分印象を変えることができます。ぜひチャレンジしてみてください!
無料相談も行っております。お気軽にお問い合わせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル