• ホーム
  • 初めての方へ
  • コーディネート事例
  • サービス紹介
  • コーディネーター紹介
  • よくある質問
無料ご相談フォーム

パーソナルスタイリストBLOG

ジャケットスタイルに合わせるパンツの組み合わせ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「年相応の洋服を揃えたい」
「学生時代から買う場所が変わっていないので、何がいいのかわからない」
弊社にお越しになるお客様でご要望が多い内容です。
学生時代まではカジュアルな洋服、就職していからはほとんどがスーツなため、プライベートの洋服に気をつかっていなかった方も多いのではないでしょうか。
女性は美意識が高い方が多く、お化粧やファッションに若い頃から興味があるため、年齢ごとに洋服のテイストを変えてきます。

今回は30代以降の男性の方にぜひ取り入れていただきたいジャケットスタイルで、ジャケットの下に履くパンツの組み合わせ方についてご紹介します。

 

ジャケット+スラックス

ジャケスラ

ジャケットをフォーマル寄りにしたい時におすすめなのが、「スラックス」です。
中にワイシャツ着るとさらにかっちりとした印象になります。レストランでディナーする場面がイメージしやすいかと思います。ジャケットとスラックスの色が同色だったり、ジャケットやスラックスに柄(ストライプやシャドーストライプ)が入っているとスーツっぽさが出てしまうため、ジャケットとスラックスの色は違う色で、また無地のジャケットとスラックスを選びましょう。

 

ジャケット+チノパン

ジャケットチノ

最もオーソドックスともいえる「チノパン」は、ジャケットと合わせるのもおすすめです。
ジャケットの中に何を持ってきても相性が良く、困った時はチノパンであれば問題がないため必ず持っておきたいアイテムです。チノパンで普段太めのサイズに慣れている方も多いと思いますが、ゆったりめのシルエットでチノパンを選ぶとフォーマルな印象でやや堅苦しく見えてしまうので、細身のシルエットで選ぶようにしましょう。

 

ジャケット+ジーンズ

ジャケットジーンズ

ジャケットスタイルで最もカジュアル度が高いパンツの組み合わせが「ジーンズ」です。
ダメージがあるジーンズ(破れがある、色が落ちている)と合わせると若々しさが強くなってしまうため、一本持っておくと安心なのが無地濃紺の細身のジーンズです。ジャケットの中は、シャツや薄手セーター、Tシャツなど何を合わせても大丈夫です。

 

30代以降の方は、どのパンツでも合わせができるジャケットを持っておくことで、フォーマルでもカジュアルでも羽織物として使うことができるためおすすめです。ジャケットの種類・素材も様々あるので、また別の記事でご紹介します。
無料相談も行っております。お気軽にお問合せください。
パーソナルスタイリスト メンズ専門ならライフブランディング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料ご相談フォームはこちら

シーン別で選ぶ自分のファッションスタイル